賃貸管理

マンションオーナーとして知っておくべき3ヶ条

マンションオーナーとして知っておくべき3ヶ条

不動産投資をしてマンションのオーナーになるということは、経営者になるということ。 自ら運営するのであれば、ただ単に、いい物件を購入して貸し出せばよいというわけにはいきません。 マンション経営を成功させ、自分の資産を増やしていくために押さえておきたいポイントについて解説します。

お金について

マンション経営について必要不可欠なもの、と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「お金」ではないでしょうか。 不動産という値段の高い資産を手に入れるために、ローンを組む人がほとんどでしょう。 しかし、現金があればそれでOKではありません。必要なのはお金を何に、どのように使うのかを知ることなのです。

物件購入の際には、利回りに注目しますが、利回りにも表面利回りと実質利回りの2つの見方があります。 表面利回りのよさだけを見て物件を選ぶと、実際に必要となる経費や税金、修繕費などを考慮した実質利回りは低くなってしまい、経営が立ち行かなくなるという事態になりかねません。

マンションを経営していくにあたって、どういった経費がかかるのか、税金はどのくらい支払うのか、また、中古マンションの場合には修繕費の要・不要についてなど、お金のかかり方についてしっかり学ぶ必要があります。

リスクについて

マンション経営は、ほかの投資に比べると長期的に安定して行うことのできる投資方法です。 しかし、100%安心な投資は存在しないわけで、不動産投資にもリスクが伴います。 どういったリスクがあるのかを想定して、あらかじめ対策を講じおく必要があります。 排除できるリスクはできるだけ排除して臨みましょう。

マンション経営における最大のリスクは「空室リスク」です。 家賃収入でローンを返済することが不動産投資の大前提ですから、空室が出ればその分自分の持ち出しになり、損失となってしまいます。 空室リスクを避けるには、入居者に選ばれる物件選びと管理が重要です。 立地や間取りだけでなく、これからの時代に即した需要が高い賃貸マンションとはなにかを考えてみるとよいでしょう。

管理について

マンション経営というと、どの物件を選ぶのか、という点にばかり注目しがちですが、経営という視点から見ると、物件選びと同じかそれ以上に重要なのが「管理」です。 どれだけいい立地にあるマンションでも、管理に問題があれば入居者はすぐ離れてしまいます。

オーナーが自分で管理を行うのであれば、自分の責任ですべてが完了しますが、サラリーマンなど本職がある投資家の場合、時間的にも知識的にも管理会社に任せるのが現実的でしょう。 となると、どの管理会社を選ぶのかがマンション経営の成否に直結します。

管理会社であればどこでも同じ、というわけではありません。 管理の内容や個別の問題に対する対応の仕方などは、会社によってさまざまです。 逆に考えると、信頼できる管理会社をパートナーに選べば、初心者であっても安心してマンション経営を行うことができると言えます。

まとめ

マンションオーナーになるということは、単に大家さんになるということではなく、「自分の保有する資産で利益を上げる、経営者になる」ということです。 大切な資産を無駄にしないために、さらに価値を上げて資産を増やしていくために知っておくべきポイントを解説しました。 とくにマンション経営の初心者にとっては、信頼できる管理会社選びが重要です。

-賃貸管理
-,

© 2021 yeah-sta.com