節税・相続・私的年金

意外と知らないマンション経営の“団体信用生命保険”

意外と知らないマンション経営の“団体信用生命保険”

「マンションオーナーになるのは魅力的。でも不動産投資のローンを新たに借り入れて、もし自分に何か大事があったらどうしよう?」──そんな不安を感じていらっしゃる方は少なくないでしょう。

でも心配いりません。「団体信用生命保険」を活用すれば万が一の場合に備えられるだけでなく、さまざまなメリットが得られます。

マンションオーナーにとって生命保険代わりになる

働き盛りともなれば誰でも健康のことや、自分に何かあったときのことが気になります。家族がいて、しかも進学を控えたお子さんがいるといった場合はなおさらでしょう。そうした“もしも”への備えが生命保険ですが、毎月の負担も決して小さくなく、しかもほぼ掛け捨てなので、加入は仕方のないことと割り切りつつも、どこか納得がいかないという方もいるかもしれません。

そこでご注目いただきたいのが団体信用生命保険(通称:団信)の存在。この団信は不動産投資のローンの返済途中で所有者が死亡したり、高度障害になったりした場合に、生命保険会社がローン残高をまとめて支払ってくれるというもの。同じ生命保険の一種ですが、マンションオーナーにとって利用価値が高いのはだんぜん団信です。次にその見逃せないメリットについてお話ししましょう。

団体信用生命保険に加入するメリット

もちろん、投資用マンションだけでなく、一般の居住用マンション、一戸建ての購入時にも同じ団信が利用できます。しかし、団信はむしろマンション経営と相性のよいシステムなのです。 なぜなら、

  1. 団信保険料はローン返済に組み込まれているので家賃と相殺され家計に負担がかかりにくい。
  2. 万が一の場合はローンが消滅するだけでなく、家賃収入が得られるので残された家族の生活が支えられる。
  3. 健康で長生きした場合でも、将来はそこから家賃収入が得られるので決して掛け捨てにならない⇒私的年金として考えられる。

さらに、

  1. 金融機関が多くのローン利用者をまとめて生命保険に申し込むので、掛け金が安い。
  2. 加入時の年齢に関わらず保険料が同じ。

など、一般の生命保険にはない団信ならではとも言えるこうしたメリットも享受できます。

既存の生命保険を見直して、団信に一本化しよう

同じ生命保険の一種でありながら、どこかまったく別物のようにとらえられがちな団信。でも、こうして見てくると、そのメリットは一般の生命保険の領域をカバーして余りあります。もし、これからマンション経営を始めようということであれば、それまで加入していた生命保険を見直し、団信に一本化するのも賢いやり方と言えるでしょう。

まとめ

名前は聞いたことがあっても、一般の生命保険との違いがわかりにくい団体信用生命保険。その優れた特徴やメリットについてお話ししてきました。マンションオーナーを志す方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょう。

-節税・相続・私的年金
-,

© 2021 yeah-sta.com