不動産投資とは

不動産の融資買いと現金買いの違いは?メリット・デメリット

不動産の融資買いと現金買いの違いは?メリット・デメリット

不動産投資における融資買いとはその名称のとおり、銀行等から融資を受けて不動産物件を購入する方法です。
返済は基本的に、収益物件からの家賃収入でまかないます。
一方、現金買いとは自己資金100%で不動産物件を購入します。融資を受けていないので、家賃がそのまま収入となります。

いずれの方法にもメリットとデメリットがあり、注意しなくてはならない点も存在します。
今回は、そんな融資買いと現金買いの違いについてお伝えします。

融資買い〜レバレッジ効果を最大限に活用〜

ひとつは、自己資金が少なくても高利回りを得られるということ。いわゆるレバレッジ効果を狙うものです。
初期投資額が大きければ、その分リターンも大きくなります。
また、魅力的な物件を手に入れられる可能性も高くなるため、空室リスク等についても低減できるのがポイントと言えるでしょう。

もうひとつは、まとまった貯金が貯まる前に不動産投資を開始できること。収益を早い段階から獲得できれば、それだけ総収入が増える、という考え方です。
また、ある程度の年齢になってしまってからでは融資がおりにくくなる可能性もあるので、若いうちに融資を受けられるという点もポイントでしょう。

一方で、デメリットがないわけではありません。
特に気をつけたいのは、返済期間中に金利が上昇する可能性です。
購入時の資金計画が狂う原因となるので、できるだけ早い段階で繰り上げ返済を目指しましょう。
特に、金利が上昇したタイミングでは、余裕を見つつ返済を早めるのが賢明です。

現金買い〜リスクマネジメントが容易〜

ある程度の貯金があれば、不動産物件を自己資金のみで購入するのもおすすめです。

最大のメリットとしては、空室が出て収益物件の稼働が下がった場合であっても、返済がないので支払いに四苦八苦する必要がありません。
収入は下がりますが、支払いも少なくなるため、リスク発生時のダメージを最小限に抑えられます。

また、銀行が資金の貸出を渋るような物件でも購入ができます。これらは往々にして高利回りである場合が多く、競合が少ないというのが大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、デメリットがないわけではありません。
まずは銀行からの借り入れがないので、団体信用生命保険がありません。
不動産投資のメリットである「生命保険の代わりになる」という旨みが得られなくなります。

まとめ

融資を受けるか、現金買いかはそれぞれにメリット・デメリットもありますし、個人の現在の財政状況にもよるとは思うので、それぞれに合った投資方法で始めてみることをおすすめします。
不動産投資は少ない資金からでも始められるので、まだ検討中の方は一度ご自身の資金で可能かどうか、相談してみてはいかがでしょうか?

-不動産投資とは
-, , , ,

© 2021 yeah-sta.com