不動産投資とは

マンション経営初心者必見、管理形態と方式まとめ

マンション経営初心者必見、管理形態と方式まとめ

マンション経営を行う場合には、住民が快適かつ安全に暮らしを送れるよう、建物の管理を行わなくてはなりません。しかし、その内容にはいくつかの種類があるため、事前に知識がないと迷ってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、マンション経営初心者の方に向けて、管理方式とその形態についてまとめます。

管理方式

マンションの管理にはいくつかの方式があります。オーナー自らがすべての管理を行うことも可能ですし、すべてを管理会社に委託することもできます。それぞれの方式について解説します。

1-1 全面委託管理

その名の通り、マンション管理業務のすべてを管理会社に任せてしまう方式です。オーナー側としては、ほとんど手間がかかりません。しっかりと管理が行われているかのチェックのみで、マンションの管理ができます。

1-2 部分委託管理

管理業務の一部を管理会社に委託する方法です。その他の業務は、オーナーが自ら行うか、直接個々の業者へ依頼を行います。日々の手間は減らせますが、業者の手配といった調整が必要となります。

1-3 自主管理

マンションの一室を自室としたり、近くに住んだりして、オーナー自身が運営管理の一切を行う方法です。日常的な管理の他、緊急時には夜間対応なども迫られます。

管理人の管理形態

全面管理、もしくは部分委託管理をした場合には、委託業者から管理人が派遣され、管理業務を行います。その際の形態について見てみましょう。

2−1 常駐管理

マンションに管理人が住み込み、管理業務を行う形態です。場合によっては、夜間対応も発生します。

2−2 通勤(日勤)

管理人がマンションへ通勤し、管理業務を行います。通勤日数については週に1日〜4日程度が一般的です。

2−3 巡回

複数のマンションを経営されている場合に用いられることの多い形態です。管理人は、それぞれのマンションを定期的に巡回し、管理業務を行います。

2−4 機械管理

警備会社と契約を行い、オンライン上にてセキュリティ管理を行う形態です。管理人が不在の場合でも対応できるのがメリットです。

まとめ

このように、一口にマンション管理と言ってもその形態や方式はさまざまです。いかに自分の都合に合ったものを選べるかが、運用の鍵と言えるでしょう。なお、分譲マンションの場合には、ほとんどのケースで購入時に管理会社や管理形態が決まっています。物件選びの際には、この点をしっかりチェックしておくのも重要なポイントと言えるでしょう。

-不動産投資とは
-, ,

© 2021 yeah-sta.com