不動産投資とは

不動産投資は管理会社が左右する!?大手と中小メリット・デメリット

不動産投資は管理会社が左右する!?大手と中小メリット・デメリット

不動産投資において、管理会社は非常に重要な存在です。相次いでいた住民からのクレームが、管理会社を変えた途端になくなる例もあるのだとか。一方で、管理会社の変更が空室や滞納件数の増加につながってしまうことも少なくありません。

こちらでは、大手と中小の管理会社を比較し、それぞれのメリット・デメリットについて検証していきます。

大手管理会社のメリット・デメリット

大手管理会社のメリットとしてあげられるのは、ブランド力によって実現される高い集客力です。また、メソッドが確立されていることから、物件の管理に安定した品質が期待できます。

一方で、中小管理会社よりも高く設定されている手数料についてはデメリットと言わざるをえません。また、会社の規模が大きい場合は人事異動が頻発し、担当者との関係を構築しづらくなるケースもあるようです。

中小管理会社のメリット・デメリット

中小管理会社の特徴は、地域に根ざした展開を行っている点です。担当地域においての精通度や人脈の豊富さも、大手管理会社より優れているケースが多いです。

ただし、ブランド力では大手に劣るため、集客については劣る傾向にあります。必要最低限のスタッフで稼働しているケースも多く、人手が足りなくなれば一気に対応品質が低下してしまうことも考えられます。

不動産投資では大手・中小どちらがベター?

大手管理会社、中小管理会社にはそれぞれ一長一短があります。不動産投資を行ううえでは、どちらを選ぶのがよいでしょうか?

総合的な観点では、やはり大手管理会社を選ぶのがおすすめです。不動産投資で利益を得ることを目的とする以上、やはり大手ならではのブランド力は大きなメリットとなるでしょう。特に不動産投資初心者の方であれば、不動産投資に慣れるためにも大手の安定した管理能力に頼ったほうがいいかもしれません。

一方、中小管理会社が行っているような地域密着型の展開スタンスが魅力的なのも事実。理想的なのは、ブランド力にも長け、特定地域のマーケティングも行っている中規模以上の管理会社です。このような管理会社をパートナーにすれば、不動産投資において大きな力となってくれるでしょう。

まとめ

好条件の不動産を購入したからといって、不動産投資に成功が約束されるわけではありません。安定した経営を行うためには、管理会社によるサポートが不可欠です。大手、中小の管理会社にはそれぞれメリットとデメリットがあります。管理会社を選ぶ際には、規模感に注目してみてください。

-不動産投資とは
-,

© 2021 yeah-sta.com