不動産投資とは

ワンルームマンション経営がアパート経営よりおすすめな理由

ワンルームマンション経営がアパート経営よりおすすめな理由

不動産投資として、ワンルームマンション経営を始める方が増えてきています。その人気は、長い間「着手しやすい不動産投資」として考えられていたアパート経営をしのぐほどだとか。そこでこちらでは、ワンルームマンション経営とアパート経営を比較し、ワンルームマンション経営がおすすめな理由についてお伝えします。

ワンルームマンション経営とアパート経営を徹底比較

ワンルームマンション経営とともに、不動産投資の人気を二分しているアパート経営。いくつかのポイントに分けて、両者を比較してみましょう。

将来的な資産としての価値

物件の将来的な資産価値で比較した場合は、アパート経営に軍配が上がります。物件費用の完済後も土地が残る点が、その最たる理由です。

投資リスク

投資のリスクを大きく左右する要素が、物件のコストです。アパート経営では必然的に土地も同時購入する必要があるため、その分コストが増大してしまいます。対して、ワンルームマンション経営では安ければ数百円のコストで着手できるケースも多いため、融資を受けて費用を工面するリスクはそこまで高くありません。

運用面の手軽さ

通常、ワンルームマンションの運用は契約している管理会社が担当します。家賃回収、居住者のトラブル対応といった管理業務を物件所有者が担当するアパート経営と比較すると、ワンルームマンション経営は圧倒的に手軽です。

節税面

ワンルームマンション経営、アパート経営ともに赤字の損益通算、固定資産税や相続税の節税対策として活用できます。

総合的に考えてワンルームマンション経営がおすすめ

上述したいくつかの分析結果を踏まえると、アパート経営よりもワンルームマンション経営のほうがおすすめと言えます。中でも、「着手に必要な費用がアパート経営よりも大幅に少なくリスクが低い」というメリットは大きく、不動産投資に「ハードルが高い」というイメージを抱いている方も安心して運用していけるはずです。

まとめ

ワンルームマンション経営で懸念されることが多い空室リスクも、大手の看板がある管理会社の集客力を利用すれば、さほど心配することはありません。確実性の高い不動産経営の方法を探している方は、ワンルームマンション経営を選んでみてはいかがでしょうか。

-不動産投資とは
-, , ,

© 2021 yeah-sta.com