不動産投資とは

アパート経営とマンション経営、結局どっちがお得なの!?

アパート経営とマンション経営、結局どっちがお得なの!?

ネットで「不動産投資」を検索すると必ずといってよいほど、「マンション経営」「アパート経営」が同程度にヒットします。たしかにどちらも不動産投資の一種ですが、実態は大きく異なります。

このコラムでは、マンション経営とアパート経営のメリットやデメリットを比較しながら、一般のサラリーマンにとってどちらが取り組みやすいか、どちらがお得な投資なのかを検討してみます。

より少ない投資で始められるのはどっち?

賃貸物件に投資するという点ではどちらも同じように思えるかもしれませんが、じつはマンション経営とアパート経営ではその実態が大きく異なっています。たとえば、アパート経営と言えばたいてい1棟単位で投資しますが、マンション経営の場合は1室単位が基本です。

アパート1棟とマンションの1室、どちらが投資のハードルが低いかと言えばもちろん後者です。しかも都心部の優良中古マンションなら価格も新築の1/2程度と値ごろ感があるので、たとえローンを組んで購入するとしても負担はそれほど大きくありません。

しかし、これがアパート1棟だとしたらどうでしょう。土地と建物合わせて相当な額となり、一般のサラリーマンではなかなか手が出せません。その点、1室から始められるマンションは投資額も小さいので安心です。もちろん、余裕が出てきたら部屋数を増やして、投資を拡大できるのも大きなメリットです。

空室リスクが少ないのはどっち?

都市部で実施されたある調査では、アパートの方がマンションより3倍近い空室率があることがわかっています。空室というのはイコール入居者がなく、家賃収入が得られない状況のことですからオーナーにとっては死活問題。家賃収入が途絶えれば、それだけ持ち出しが多くなるため投資効果がスポイルされてしまうからです。

ただ1棟単位で扱うアパートでは何室のうちの1室が空いていてもそれほど影響はないでしょう。その点ではマンション1室に投資している場合はこの空室状態のダメージはかなり大きなものになりかねません。ただし、都心部のマンションは人気なので前の入居者が退去してもすぐに次の入居希望者が現れます。そのことをこの調査結果も物語っています。

対して、アパートは物件に魅力がない、周辺環境に問題があるといったことで、1室どころか全室空室になるリスク、デメリットをはらんでいます。やはり、この点でもマンション経営に軍配が上がるでしょう。

サラリーマンの資産運用に適しているのはマンション経営!

さて、こうして見てくると、一般のサラリーマンにとってより取り組みやすいのはやはりマンション経営ということになります。何より、初期投資の少なさでは1室から投資できるマンションが魅力的でしょう。しかも都心部ではアパートよりもマンション人気が高く、空室率でも有利です。晴れて賃貸経営をスタートさせても、空室が続くようでは安定した収入は期待できませんが、マンションならこうした心配も少なくて済みます。

また、マンションと比べアパートは構造や材料が簡素なため、各部の劣化が早く、修繕やメインテナンスによりコストがかかる点も気になります。しかも、1棟単位ということになれば、部屋の数だけ費用もかさみます。

まとめ

以上述べたように、「投資への参入ハードルが低いこと」「安心して長く続けられること」──この2点だけでもマンション経営の方がより魅力的です。とくに、本業が別にあるサラリーマン、OLの方にとっては、管理や扱いのしやすさでも1棟が基本のアパートより、1室に投資するマンションの方が何かと手間がかかりません。

-不動産投資とは
-,

© 2021 yeah-sta.com