不動産投資とは

初心者におすすめな不動産投資は、マンション投資です

「これから不動産投資をはじめたい」とお考えの方には、マンション投資がおすすめです。少ない自己資金ではじめられて、リスク管理も容易。さらに、保険や年金の代わりにもなるというメリットがあります。

今回は、不動産投資初心者の方に向け、マンション投資のメリット・デメリットについてご紹介します。

マンション投資の4つのメリット

まずは、マンション投資におけるメリットから見ていきましょう。

1.少ない自己資金からはじめられる

たとえば、中古のワンルームマンションを購入したとしましょう。この場合、ローンが利用できれば自己資金は100万円程度で済んでしまいます。一方で、アパート一棟をまるまる購入するといった場合は、たとえローンが利用できたとしても、かなりの初期コストを見ておかなくてはなりません。マンション投資には、少額の投資資金でスタートできるというメリットがあるのです。

2.借入リスクのコントロールが容易

ローンとは借入です。つまり借金となりますので、返していかなくてはなりません。しかし、月々の返済額を考えていくと、必ずそこにリスクがあります。とくに、高額のローンを組んだ場合には、かなりの額を毎月用意しなくてはならないと言えるでしょう。一方、ワンルームマンションの場合には、比較的手頃な価格で投資ができるため、ローン金額も安くなります。その結果、借入のリスクを自分自身でコントロールしやすくなります。

3.保険の代わりに使える

投資用ローンを組んだ場合には、団体信用生命保険というものが付帯します。これは、万が一借り主に何かあったとしても、遺族にローンの残債を継がせない仕組みです。ローンがなくなれば家賃収入はそのまま手元に残ることになります。また、まとまった現金が欲しいということなら、売却するのもよいでしょう。一般的な保険の場合は、毎月保険料の支払いが発生しますが、マンション投資であれば、家賃収入を得ながら、万が一の時に備えられます。

4.将来の安定的な収入に結びつく

マンション投資は、将来の安定的な収入につながります。株式投資のように、利益をあげるために自身で売買を行う必要はありません。都内のマンションであれば、毎月数万円の家賃収入が手に入ります。こうしたことから、老後の年金代わりとして捉える投資家の方も少なくありません。

マンション投資のデメリット

このように、マンション投資にはさまざまなメリットがある一方で、少なからずデメリットも存在します。たとえば空室問題がそれにあたります。複数のマンションを所有していれば話は別ですが、一室のみの場合は、そこが空室になると家賃収入はゼロになってしまいます。これを防ぐためには、賃貸需要が見込める立地のよい物件を探さなくてはなりません。不動産投資初心者の方にとって、これは大きなハードルと言えるでしょう。

デメリットを払拭するにはサポートが必要

前述のように、初心者の方が一室からマンション投資をはじめる場合、空室にならないための物件探しがカギとなります。それだけでなく、運用をはじめると、入居者とのトラブルなどの煩わしい業務も発生するかもしれません。このように、初心者ではどう手をつければいいのか分からない問題を代行してくれる会社に、物件探しを手伝ってもらったり、入居者対応を任せたりすることができれば、手間もかからず安定した収入につながるでしょう。

まとめ

不動産投資はリスクが少なく、長期的な収益が期待できる商品です。一方で、初心者の方にとっては初期投資が大きく、さらにどのような物件を選べばいいのかが分かりにくいという側面もあります。マンション投資であれば、リスクを抑えつつしっかりと収益も期待ができるでしょう。

-不動産投資とは
-,

© 2021 yeah-sta.com