不動産投資とは

不動産投資が儲からない…ウソ? ホント? 不動産投資の本質を理解しよう!

不動産投資が儲からない…ウソ? ホント? 不動産投資の本質を理解しよう!

不動産投資を成功へ導くためには、適切なリサーチとリスクヘッジが重要です。専門的な知識が必要な不動産投資は初心者にとって困難に感じやすく、「儲からないのではないか」と考える方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、「不動産投資にデメリットが多い」といわれる理由を踏まえた上で、成功者の特徴や投資のメリットについて詳しく解説します。不動産投資に向いている人の特徴が分かると、挑戦するきっかけにもなるでしょう。

不動産投資が儲からないと思っている人の特徴

不動産投資が儲からないと思っている人の特徴

不動産投資で成功するには、長期間の運用と投資手法の見極めが重要です。短期間で価格が大幅に変動するものではないため、特性を理解した上で運用できるよう知識を蓄えておきましょう。
コストやパターン別の収益シミュレーションを入念に繰り返すことも必要です。ここでは「儲からない」と考える方の特徴を4つ紹介します。

短期間で儲けようとしている

不動産投資をスタートするとき、数か月~数年といった短中期的な運用を想定するのは適切といえません。不動産投資は、資産運用全体で比較するとミドルリスク・ミドルリターンの投資方法といわれています。
投資初心者でも始めやすい方法ですが、あくまでも長期運用を想定した上で計画を立てる意識が重要です。比較的少額な投資金額でも、長期的な運用を前提に進めたほうがよいでしょう。

現実的なコストを加味していない

シミュレーションに近い結果に導くためには、現実的なコストの計算が必要です。リフォーム費用や管理費といったコストを含めず、満室状態での家賃収入による利益で記載されている可能性があります。
広告(チラシ)やWebサイトでも具体的な金額を開示するケースは見られますが、うのみにしないよう注意しましょう。安易に決断すると、想定していない損失が発生するかもしれません。不動産投資会社が掲載している内容だけでなく、具体的な金額の把握が大切です。

投資手法が他にもあることを知らない

不動産投資は、細分化するとさまざまな手法があります。マンションやアパートなど建物の種類だけでなく、新築・中古も重要な選択のひとつです。限定的な投資先ではなく、以下のように価格帯やローンの種類も幅広いことを把握しておきましょう。

  • 1億円の新築マンションをフルローンで投資
  • 600万円の中古マンションをローンなしで投資

不動産そのものの価格が高いほど投資金額も増えるため、金銭的な負担も感じやすくなります。収入状況を確認した上で、無理のない範囲で始める計画性も必要です。

バブルや短期的な価格変動を期待している

かつて土地の価値が上昇し続けたバブル期では、不動産を短期で所有し売却するだけでも利益が出ていました。バブル期と同じように短期的な価格変動を期待してスタートすると、想像通りの結果を得られず「儲からない」と感じるでしょう。
価格変動が落ち着いた2020年現代においては、ゆるやかな変化を前提に計画する必要があります。バブル期とは異なる仕組みで収益へとつなげるため、過去数年〜十数年のデータを参考にシミュレーションへ反映するとよいでしょう。

不動産投資で儲かっている人の特徴

不動産投資で儲かっている人の特徴

不動産投資で成功を体験している方は、運用期間や投資物件を適切に見極めている傾向にあります。むやみに投資しても有益な結果につながるとはいえないため、どのような要素に配慮しているか押さえておきましょう。
事前リサーチや経験から、独自のセオリーを構築することも大切です。成功者の特徴を3つの観点から解説します。

中・長期的な目線で不動産経営を行っている

不動産投資の前提条件として把握しておきたいのは、「中・長期的に運用を続ける」という期間の設定です。株式投資やFXのように短期運用で利益が期待できる投資とは異なり、長期を基準に投資プランを立てているのが特徴です。
収支が毎月ゼロでも、住宅ローン完済後に不動産という大きな資産が得られます。価格の変動が落ちついた現代では、短期で運用するというより、中・長期で不動産経営をするという考えのほうが成功につながりやすいでしょう。

利益の出ない物件を購入しない

不動産の価格が安価でも、安さのみを理由に決断するのは賢明といえません。利益の獲得が期待できない物件は避けるのが適切な選択です。以下のような物件は、慎重な判断が必要になります。

  • 人口が減少している地域の物件
  • 最寄り駅や都心部から離れた利便性に欠ける物件
  • 明らかに空室率が高い物件

個人で判断するのが困難な場合は、不動産投資会社の専門的な見解と合わせて検討しましょう。他物件の実績をチェックするのもおすすめです。

納得した独自セオリーで投資を行っている

専門的な知識を不動産投資に反映するには、プロから情報を獲得するのも重要でしょう。不動産投資で儲かっている方は、以下のように独自セオリーを持っている傾向にあります。

  • 不動産投資関係のセミナーや勉強会に参加する
  • 学んだ情報を反映して実践に活かす
  • 専門家の活動を見たりアドバイスを得たりする
  • 市場の動向を定期的にリサーチする
  • 自ら学んだことを基に考え、決断をし、責任をもつ

これまでセミナーに参加した経験がない方や、参加先に迷っている方はぜひイー・トラストをご検討ください。少人数制セミナーの他、個人レッスン方式のプライベートレッスンも展開しています。

ミドルリターンである不動産投資のメリット

ミドルリターンである不動産投資のメリット

ミドルリターンといわれる不動産投資は、初心者でも比較的実践しやすい投資のひとつです。税金やコストなど、金銭的なメリットも実感できます。不動産そのものの価値がなくなりにくい点も、魅力的な要素でしょう。
不動産に投資することで期待できるメリットを、3つの観点に触れながら解説します。

相続税や減価償却税により節税効果がある

長期運用が前提の不動産投資において、特に重視されるのが税金に関するメリットです。以下を参考に、2種類の節税対策に関する効果を把握しておきましょう。

概要 効果
相続税 相続人に不動産の所有権を継承するときに発生する税金 同等の現金を相続するよりも相続税を抑えやすい
減価償却 法定耐用年数に応じて、投資にかかった費用を償却する 不動産の費用や設備関係のコストを「経費」として計上する(1年間の収益から差し引ける)

建物や土地に大金を要する不動産投資では、ローン契約で融資を受ける方がほとんどです。株式投資は一括支払いが前提ですが、不動産投資は条件がそろえばローンを利用できます。
「資金が少ないため投資ができない」と考えている方にとって、魅力的なシステムといえるでしょう。
また、月々発生するローンの返済費は家賃収入で賄えます。空室リスクなどの対策は必要ですが、うまく活用できればこれまでの生活と変わらず活動が可能です。

現物資産なので価値がゼロにならない

投資した不動産は、建物や土地そのものに価値があります。金融資産のように、価値がゼロまで下がるリスクはほとんどありません。一定の価値が維持できれば、万が一資金に困ったときも売却などで対処できます。
現物資産として活用できる点を含め、極めてリスクを軽減できるのがメリットです。高い価値を維持するには、初期の見極めが重要な点も把握しておきましょう。

不動産投資をおすすめしたい人

不動産投資をおすすめしたい人

「不動産投資が向いているか分からない」という方は、投資を始める目的やゴールを明確にするのがおすすめです。近年懸念されている年金問題や、家族との生活にも注目しながら検討しましょう。
現時点で資金に余裕がある方は、十数年〜数十年後の未来に向けて投資をスタートするのもひとつの選択肢です。

年金だけでは不安な人

近年、年金制度の将来性について懸念されています。「年金だけで生活できないかもしれない」と不安に感じている方は、不動産投資への挑戦を視野に入れるのもおすすめです。契約した住宅ローンを払い終えると、引き続き家賃収入を得られます。
不労所得分として私的年金を獲得できるため、将来の生活が困窮する不安も和らげられるでしょう。

家族の将来を守りたい人

死亡などで契約者自らローンを返済できなくなったとき、不動産は生命保険として活用できます。配偶者や子どもの金銭的負担が軽減できるため、万が一の事態に備える役割も果たしてくれるでしょう。
家族の収入が不安定な環境でも、生命保険代わりの不動産を運用することでリスクを抑えられます。

マンション経営なら少ない資金でもリターンになる!

資金面を理由に「不動産投資が向いていない」と感じる場合は、少ない資金でもスタートしやすいマンション経営がおすすめです。大規模なマンション一棟購入に比べ、用意できる資金の範囲内で間取りや新築・中古などの条件を決めることができます。
相談先や依頼先の選定に悩んでいる方は、専門家に問い合わせてみると良いでしょう。10万円から始められる有益な投資用不動産などが多数見つかります。中古物件で投資費用を抑えると、無理なく運用を続けられるでしょう。

まとめ

まとめ

不動産投資で魅力的な結果へ導くためには、事前リサーチや仕組みの理解が大切です。「儲からないのではないか」と考えている方は、長期運用を前提にリスクヘッジを考慮しながらプランニングしてみましょう。
将来のために活用しやすいだけでなく、価値が大幅に下がりにくいメリットもあります。現在不安や悩みを抱えている方は、ぜひご相談ください。幅広い投資用物件から、希望と予算に応じた計画をご提案します。

-不動産投資とは
-, ,

© 2021 yeah-sta.com