資産運用

株をやめて不動産投資にシフトする人が増えている理由

株をやめて不動産投資にシフトする人が増えている理由

一時期、株やFXへの投資が流行していましたが、最近では株への投資をやめて不動産投資を始めている人が増えているのはご存知でしょうか。

株式投資のように自分の仕事やプライベートを犠牲にすることなく、安定して資産運用をしたい人から不動産投資に注目が集まっているのです。今回は、株と不動産投資の違いと不動産投資のメリットについて解説します。

不動産投資と株式投資の違い

投資の方法として、不動産投資と株式投資はよく知られた方法ですが、両者には大きな違いがあります。その違いの一つが利益の出し方。投資に関心のある方なら、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉を聞いたこともあるかもしれません。

キャピタルゲインは、資産を売買した時に出る差額のことです。株式投資の場合、株を購入した時の価格よりも売却価格の方が高くなればその差額が利益となるので、利益のメインは「キャピタルゲイン」になります。

一方、不動産投資の場合、「インカムゲイン」がメインとなります。インカムゲインは、その資産を保有することで得られる利益のことです。不動産投資を行う場合の家賃収入がインカムゲインになります。

もちろん、株式投資の場合でも、配当金という形でインカムゲインがありますし、不動産投資でも、不動産の売却でキャピタルゲインを得る方法もあります。

安定的に資産を運用するなら不動産投資

株式投資のようなキャピタルゲインを狙う場合、利益を得られるのは資産の売買に成功した時になります。買い手がつかなければ利益は出ませんし、売却価格がいつでも購入価格を上回るわけではありません。売却のタイミングに成功すれば大きい利益を得られる一方、タイミングを誤れば大きな損失を出す可能性も同じくらいあるのです。

株価は世界的な社会状況や経済状況の影響を強く受けるため、様々なニュースや市場の動向に気を配らなければなりません。株式への投資を続けていると、不安定な世界情勢を読むことがストレスにもなるのです。

不動産投資は、資産を保有しているだけで毎月の家賃収入を得ることができます。もちろん空室リスクはありますが、立地や需要のある間取りをしっかり見極めて購入すれば失敗が少ないのもメリットです。

不動産価格は景気の影響を受けにくく、家賃相場は株価のように一夜にして大きく暴落する、ということもありません。株式投資をしていた人が不動産投資にシフトしている理由は、安定して確実に資産を増やせるのが不動産投資だ、という認識が広まってきているからでしょう。

まとめ

不動産投資には、株式投資に比べて安定的に資産を増やすことが可能というメリットから、株から不動産投資に移行する人がいることをご紹介しました。購入する物件さえ決めれば、物件や入居者の管理はプロに任せることができるのも、不動産投資のポイントです。

-資産運用
-

© 2021 yeah-sta.com