資産運用

資産運用の資金源、不動産投資ローンの審査が通りやすい人の基準は?

資産運用の資金源、不動産投資ローンの審査が通りやすい人の基準は?

不動産投資ローンは、住宅ローンよりも審査基準が厳しいと言われます。なぜなら、住宅ローンはその家に「住む」ための住宅に貸し付けることが目的なのに対し、不動産投資ローンはその家で「収益を上げる」ことが目的の物件に貸し付けるからです。

しかし、審査の基準を満たすのであれば、だれでも不動産投資を始めることができると言うこともできます。「不動産投資は一部の資産家がするもの」という時代は過ぎています。今回は、不動産投資ローンの審査について説明します。

物件の収益性

不動産投資ローンでもっとも重視される点は、購入希望物件の収益性、つまりどの程度利益を上げることができるのかという点です。

住宅ローンの場合は、ローンを組んだ本人がその物件に住むわけですから、安定した収入があって、きちんと返済の見込みがあるということが重要になります。しかし不動産投資の場合は、賃貸として他人に貸し出し、家賃収入を得てそこからローンを返済していくことになります。

したがって、「空室が出ないか」「利回りはどの程度か」「キャッシュフローの想定はどうか」などといった点を明確にしておく必要があります。事業としての安定性や将来性があれば、審査は通りやすくなります。

物件の資産価値

住宅ローンが人への融資であると考えると、不動産投資ローンは物件への融資と考えることができます。

仮に返済が滞った場合、物件自体が担保となりますから、物件の資産価値も重要なポイントです。人気の高いエリアにある新築のワンルームなどのように資産価値の高い物件であれば、融資を受けやすくなったり金利が低く設定されたりすることもあるでしょう。

また、資産価値の高い物件で一度融資を受けることができれば、新しい物件購入のための追加融資を受けやすくなるというメリットもあります。事業の展開や拡大を考えるのであれば、最初の段階で事業計画を立てておくことも有意義です。

年収や勤務先

不動産投資ローンでは、物件自体が重要とはいえ個人の属性が全く考慮されないわけではありません。空室が出た際などには、家賃収入以外での返済が必要になる場合もありますから、個人の収入状況も重要です。安定した勤務先に長年勤めている、年収が高い、などといった場合には審査が通りやすくなります。

また、頭金ゼロで融資を受けるフルローンという方法もありますが、自己資金を用意しておくことも審査の通りやすさという観点からすると大切なポイントになります。

信頼性

物件の収益性や個人の属性など、ローンの審査が通りやすい人の基準はいくつかありますが、最終的に金融機関から融資を受ける際には、担当者との信頼関係を築くことができるか、という点が重要になります。

どれだけ年収が高く好条件の物件であっても、融資担当者が借り手を信用できないと判断すれば審査のハードルは高くなるでしょう。借り手としてはより有利な条件で借りたいという気持ちが出るのは当然ですが、そのために事実と異なる話や根拠のない話をして信用を失っては元も子もありません。担当者との良好な関係づくりも大切です。

まとめ

不動産投資ローンの審査について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。不動産投資というと、「一部の資産家が行うもので一般的なサラリーマンには手の届かないものだ」と考えている人もいまだに多いようですが、そんなことはないのです。

普通に企業に勤めている人でも、毎月の収入があるのであれば、あとは収益性のある物件さえ見つけることができれば不動産投資は難しいものではありません。勤続年数が長ければ信頼度が増すということもありますし、短い場合にはローンを長く組むことができる点でメリットがあります。

いずれにしても、不動産投資を考えるのであれば、できるだけ早いアクションを取ることが得策ですので、専門家に相談してみるとよいでしょう。

-資産運用
-, ,

© 2021 yeah-sta.com