資産運用

資産運用でよくある「リスク」と「トラブル」、教えます

自分の老後や子どもの将来のためなど、資産運用は貴重な自分の資産を増やすためにもぜひ活用したいものですが、そこにはリスクやトラブルも起こり得ます。それらを回避して確実に資産を増やしていくためには、起こり得るリスクやトラブルについて知っておくことが大切です。

資産運用におけるリスクとはなにか

資産運用でよく聞く言葉の一つに、「ハイリスクハイリターン」というものがあります。大きなリスクと大きな収益は表裏一体という意味を持っています。その逆は「ローリスクローリターン」という言い方で、リスクのないところに利益もないといったところでしょうか。資産運用で資産を増やしていくためには、その分損失を負う可能性もあるということをまずは自覚しなければなりません。
損失を負う可能性には、社会の状況や経済や景気の動向、世界の趨勢など自分ではコントロールできない要素が多いこともポイントです。それらの動きを見極め、利益につなげていくには努力や経験が必要です。

資産運用でよくあるトラブル

資産運用で必要なのは努力と経験と先に述べましたが、それらをせずに高配当な運用に挑戦したり、内容をよく把握しないまま資産を投入してしまうと、元本割れしたり大きな損失を出したりというトラブルが発生します。うまい話には罠があるとはよくある言い回しですが、確実にもうかるなどという仕組みはないと思っておくほうがよいでしょう。
とくに高齢の方では、利回りを期待するあまり仕組みを理解しないまま資産運用を初めてしまうことも多くなっています。なんのために資産運用をするのか、それによってどのくらいの収益を上げたいのか、そしてそのためにはどんな運用方法が合っているのかを、しっかり考えることが大切です。

リスクやトラブルを回避して賢く資産運用をしよう

「ローリスクローリターン」と「ハイリスクハイリターン」の間に「ミドルリスクミドルリターン」という資産運用もあります。その代表的なものとして、不動産投資が挙げられます。
マンション経営などは、長期的なローンを組むという点では一定のリスクがありますが、入居者がいれば定期的な家賃収入が見込めます。大都市圏の賃貸住宅はこれからまだまだ需要が増加傾向にあり、家賃相場は株式や地価と比べて値崩れしにくく安定しています。株式や為替など、変化を読みにくいものを相手にする場合は大きなリスクが伴いますが、長期的に安定して資産運用を行いたい人には不動産投資はおすすめの方法です。

まとめ

資産運用を行うにあたっては、リスクやトラブルについて十分に把握することが大切です。とくに資産運用初心者の方は、少額から始められる運用方法を選んだり、ミドルリスクミドルリターンの不動産投資を検討してみたりするとよいでしょう。

-資産運用
-, , ,

© 2021 yeah-sta.com