資産運用

お金を生み出す力“レバレッジ”を活用して不動産投資を始めよう

お金を生み出す力“レバレッジ”を活用して不動産投資を始めよう

不動産投資でお金をより効率的に生み出すには、「レバレッジ」を利かせるという方法があります。レバレッジとはテコの原理のこと。小さな元手でより大きな資金を動かすことを言い、不動産投資に当てはめれば「少ない自己資金でより大きくマンション投資を行うこと」です。本稿ではレバレッジによってマンション投資でお金を生み出す方法について解説していきます。

効率よく借入をして効率よく不動産投資を行うには?

効率よく借入して不動産投資を行うには、“信用力を高める”ことがポイントとなります。信用力が高ければ高いほど、多くの資金をより低い金利で借り入れる可能性が高まるからです。少ない自己資本で、より大きな資金を低い金利で用意できるほど、投資効率(=レバレッジの効果が高まる)が上がります。

「信用力が大事なのは当たり前」という声が多いかもしれませんが、当たり前なだけに非常に重要な点となります。たとえば、金融機関が貸出をする場合に、何に対して信用を与えて貸出をするのかを考えるとわかりやすいでしょう。税金の滞納がないことはもちろんですが、一般的にはカード決済や携帯代等の料金の信用情報に傷がないことが信用力を高める基本です。また、預金残高についても判断材料となるので、日頃から貯蓄を心がけている場合は、金融機関からみて好印象と言えます。

“レバレッジ”の効果を高める物件選びとは?

不動産投資でレバレッジを高める物件選びとは、収益性の高い物件を選ぶことです。簡単な例を挙げると、購入代金が安いアパートで高い入居率と家賃を確保すると、結果的に収益性が高まります。物件選びのポイントとして、相続による名義書換え後のアパートなどは狙い目。多くの場合、相続人は売却を望んでいる場合が多く、相場よりも安く購入できる可能性が高いためです。古いアパートであっても、好立地であれば改装をすることで人気の物件にすることができます。

やってはいけない“レバレッジ”とは?

不動産投資の効率を上げるためにやってはいけないレバレッジは、過剰投資することです。過剰投資とは、不動産価格の上昇に伴って利益率が下降傾向にあるにもかかわらず、無理に借入を行って投資をすることです。

近年、特に大都市圏では地価の高騰が顕著です。こうした場所は、立地としては魅力的ですが、収益率を考えた場合に取得資金が大きくなる傾向があります。手元に多額の現金がある場合は別ですが、そうでない場合は手控えるのも一つの戦略と言えます。

レバレッジを利かせるとは、別の見方をすると「多額の借金をすること」ということでもあるので、収益と借入のバランスが重要です。

まとめ

不動産投資のレバレッジは、物件の収益性や自身のキャッシュフローなどを総合的に考えて利用すべきです。損失時には資金がマイナスになる危険性があることも注意すべき点です。とはいえ、少ない自己資金で大きな投資効果を狙えるので、計画的に活用しましょう。

-資産運用
-, ,

© 2021 yeah-sta.com